パソコンの購入時の注意点とデータの保存
細かい点は多々ありますが、

  • できるだけ長く使用する為に

購入時に保障期間を延長する(3年は欲しい)
特にノートpcではモニター画面やキーボード故障時にはどうしようも
ありません。メーカーに保証期間終了後に修理依頼すると、もう1台買った方が良いぐらいのコストがかかります。また一般の修理会社は多々ありますが、信頼性ははなはだ疑問でかつメーカーと同様高価です。
デスクトップでは、モニターやキーボードであれば買い換えれば安価なコストで済みます。

  • 購入後定期的に自分でできることは

エアーダストクリーナーでPC内の埃、特にFANの目詰まりには注意して掃除します。
(電源コンセント、バッテリーは脱着しておきます)
冬場は静電気を帯びてしまうことが多いので、PCのポートなどは手で直接触れないよう注意 します。

  • できるだけ快適に使う為には

WINDOWS OSであれば1GBメモリでは少なすぎます、最低2GBは積んでおきましょう。

  • できるだけ安価に購入する為に

同じメーカ品を現在使用しているなら下取りキャンペーンがないか否か確認する。
office製品を持っているならば(再インストール可能な)、office無のPCを購入する。

  • 大切なデータを保存する為に

内蔵のHDDと同等あるいはそれ以上の容量を持つ外付けHDD(USB3.0タイプ)を購入。
データのバックアップとOSのバックアップを検討実施しておく。
内蔵HDDが故障した場合メーカー修理を依頼するとたいていHDDの内容は工場出荷時と同 じ状態で返却される。(データは残っていません)
データの保存は二重、三重にしておくべきで、無償でよいのでSKYDRIVEなどのオンラインス トレージドライブ上にも同じものを保存しておくことを検討実施する。
データの保存時間を短縮する為に、外付けHDD(USB3タイプ)との接続の為にUSB3搭載の PCを選定しましょう。USB2、USB3では転送速度は単純にスペック上10倍以上違います。

以上キーワードでまとめると
保証期間延長、エアーダストクリーナー、メモリ追加、外付けHDD(USB3.0タイプ)、
USB3搭載のPC、オンラインストレージドライブ

HP Directplus オンラインストア

HP Directplus オンラインストア
セキュリティ対策ソフトもお忘れなく!

ノートン体験板バナー