最近までopenofficeで親しまれていましたが、LibreOfficeとして再開していました。
歴史
2010年にSunはOracleに買収され、そのすぐあとに、OpenOffice.orgの商用開発はすべて中止されたがThe Document Foundationが結成され、LibreOfficeとして再開発されることになり現在に至る。
互換のフリーソフトである
MS OFFICEが持つ全ての機能を使用するわけではないユーザー向けの互換OFFICEでDOWNLOAD時に寄付を募っているページが現れる。寄付をしなくともDOWNLOADはできるが、お金に余裕があり長期間お使いになる予定の方は寄付をした方が良いかも。
http://ja.libreoffice.org/をアクセスして見て下さい。
ちょっとした表計算やワードしか使わない人はいいかもしれないですね。