HGST製(日立)2.5インチ内蔵HDD[320GB 7mm]を
WESTERN DIGITALのWD10SPCX [1TB 7mm]に換装しました。

先ずバッテリーを外し、全てのネジを外します、ネジの種類はおよそ3種類です。
ノートに手書きで良いので外観図を書いて印をつけておいた方が無難です。
前面の電源や無線LANのON-OFF SWITCHは外れやすいので注意してください。取れた場合はピンセットがあると装着に便利です。
結論からいうと。全てのネジを外す必要はなく、以下の操作でOKです。

1 電源ケーブルを外す
2 バッテリーを外す
3 バッテリー装着口をよく見ると10cmぐらいの細長い金具が黒いネジ1本で止められて
いるので、それを外し、金具を取り去る。
4 HDD収納口の真ん中あたりにHDDに接着剤で止めたと思われる引っ張れるテープを
引き出し、それを引っ張るとHDDが外に出てくる。
5 HDDコネクタを外せば取り出し完了です。

WD社のHDDはまず他のPCにUSB接続しFORMATしました。

その後Panaに装着しますが、この時引っ張りテープがついていないので自分で
作成したテープを着けました。引っ張り出す時、取れてしまうかもしれません。
なんせ素人ですから。

PARAGON2013のBOOT CDから起動しバックアップしていたイメージを元に戻し立ち上がる
事を確認しました。
WESTERN DIGITAL 2.5インチ内蔵HDD 1TB SATA6.0Gb/s 5400rpm 16MB 7.0mm厚 WD10SPCX