WINDOWS TIPS & Life

MENU

損傷を受けた内蔵HDDを外付けHDDとして再利用

  • HOME »
  • Windows7 »
  • 損傷を受けた内蔵HDDを外付けHDDとして再利用

結論からいうと失敗しました。理由は損傷の程度に依存すると思っています。

損傷を受けているか否かはcrystaldiskinfoや診断などで判断します。
接続環境は、正しく動作しているPCに問題となるHDDをUSBで外部DISKとして接続します。

1 HDDTUNEでエラー状況を調べる
これだけ損傷しているとシステムHDDとしては使用不可と判断、再生目的は
外付けでtemporaryに使用した場合のテストケースとしての使用とする。
無論バックアップデバイスとしては不適当と思われる。
HDDTUNE3
2 CRYSTALDISKINFOで代替セクターはあるのか否かの判断をする。
このHDDは恐らく十分な代替セクターはないと判断。
ということは以下のステップはやるだけ無駄なような気もするが、取り敢えずやって見る
事にする。
CRYSTALHDD4
3 PARTITION MANAGERでHDDTUNE結果を見ながらHDDの分割をする。
途中で不良セクターがあるのでうまく分割ができない場合がある。
PART-MANAGER5
4 作成されたドライブを右クリックしエラーの修復を行う
これができない場合5に進む
5 ドライブを右クリックしフォーマットを行う
”WINDOWSはフォーマットを完了できませんでした”等のエラーが出て
FORMATできない場合6に進む
6 DISKPARTを使ってフルフォーマットを行う
COMMAND PROMPTを管理者権限で起動しDISKAPRTを入力する
LIST DISK  (ここでは内蔵DISKが1、外部が2、問題のHDDを2とする)
SELECT DISK 2
LIST VOLUME
SELECT VOLUME 4 (ここでは問題のVOLUMEを4とする)
FORMAT FS=NTFS

ここで4を再度実施する。
ドライブを右クリックー>プロパティ
ツールタブ内ー>チェックするをクリック
ファイルシステムエラーを自動的に修復するのチェックボックスをオンー>開始

以上で終わりましてその日は動作していましたが、翌日はアクセスできなくなっておりました。理由はよくわかりませんが恐らく損傷の状況がさらに進んだとしか考えられません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログロール

PAGETOP
Copyright © TOYONAKA PCHELPERS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top