WINDOWS TIPS & Life

MENU

Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツール

  • HOME »
  • Windows7 »
  • Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツール

Windows7上でインターネットエクスプローラのバージョン10(IE10)にすると以前と同じ表示・操作環境にならない場合があります。その場合以前のバージョンに戻しIE10が自動更新されないようにする必要があります。つまり以前IE9だったのに勝手にIE10になってしまったという事態を回避する方法を記述します。

1 互換表示設定
自動更新禁止の前に、既にIE10に更新されてしまった場合、ブラウザの設定で互換表示設  定を行います。
IE10を起動、aLTキーを押すとメニューバーが表示されます。ツールから互換表示設定をク  リックします。
CHECK BOXが3つありますので全部チェックを入れておきます。最後閉じるで設定終了で  す。

2 IE10のアンインストール
互換表示設定でもだめな場合はIE10をアンインストールし再起動するとIE9になります。
スタートボタンからコントロールパネルを選択、プログラムのアンインストールを選択、左ナ   ビの ”インストールされた更新プログラムを表示”という箇所をクリックし、その中からIE10に  関するものを探しアンインストールします。2か所あります。言語の方ではなく本体の方をア  ンインストールし、再起動で終了です。確かwindows internet explorer 10という奴です。
こうなるとさらに、次の操作が必要になります。

3 IE10自動配布の禁止
これはマイクロソフトのサイトを参照し頑張ってみませふ。
要はツールをダウンロードし実行して展開。その後コマンドプロンプト画面を管理者権限で   起動し展開したコマンドを実行します。正常終了のメッセージが表示されれば終了です。

Good Luck !

コメント

  1. Pingback: Internet Explorer 10 自動配布の無効化ツールキットのお話 | TOYONAKA PCHELPERS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログロール

PAGETOP
Copyright © TOYONAKA PCHELPERS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Top